平成27年6月13日(土) 北広島町の道の駅豊平どんぐり村どんぐり荘において、豊平手打ちそば保存会主催で高橋邦弘御夫妻をお招きして『高橋先生ありがとうの会』が12時から開催されました。
豊平手打ちそば保存会は昭和63年に、豊平町を西日本一のそばの里にするために発足して以来、高橋邦弘先生にはご助言やご指導を頂き、特に平成13年に高橋先生が豊平に移住されてからは数々のご指導を賜り、平成16年3月には豊平流蕎麦打ち段位認定会が開催され、現在では約500名の段位認定者が誕生しました。
この度、高橋先生ご夫妻が大分県杵築市へ移住されるにあたり、72名が参加をし感謝の意を込めて『ありがとうの会』が盛大にとり行われました。

児玉洋一会長の開会の挨拶

元豊平町長前田達郎保存会顧問のご挨拶

高橋邦弘先生のご挨拶

第三代会長篠部勇相談役の乾杯の音頭

豊平学園中学校そば打ちクラブによる歌の披露

地元吉木神楽団による神楽の舞

演目は八岐大蛇


山本剛志副会長と石津ノブエ副会長の閉会の辞
背中には会心のそばの文言が

高橋邦弘先生長い間本当に有難うございました。

豊平の段位認定会やそば祭り等で再びお目に掛かれる日を楽しみにしてます。 


TOP

『高橋先生 ありがとうの会』

BACK