TOP

                           手打ちそば 平成22年度の履歴

平成22年(2010)

12月11日(土)
 「豊平流そば打ち段位認定大会(初段・二段)」
が道の駅豊平どんぐり村そば道場で行われ、初段は22名
 が受験した中20名が合格し、二段は12名中11名が合格をしました。
 我々の会員仲間は15名が受験をし全員が合格し、合計段位が100段を超え106段となり、記念すべき日
 と成りました。 

11月5日(金)
 
道の駅どんぐり村のどんぐり荘で今年取れた新そば「とよむすめ」の試食会が開催されました。
 豊平そばの振興に携わった方やそば好きの人が集まり、高橋邦弘先生のそば打ちを見せて頂いた後、開
 宴となり新そばを堪能し夜遅くまで楽しみました。


7月4日(日)
 
「豊平流そば打ち段位認定大会」初段・二段が道の駅豊平どんぐり村そば道場で行われ、初段が28名と二
   段が14名で計42名の受験者が有り、初段は25名と二段は12名の合計37名の方が見事合格されました。
 (詳細は豊平手打ちそば保存会の情報に掲載)

6月27日(日)
 
「第15回全日本素人そば打ち名人大会中国予選(広島大会)」が豊平どんぐり村そば道場において4回目が
 開催されました。参加者は遠く福井・大阪・兵庫・岡山から多く参加され19名の参加者から3名が選ばれ本戦
 に進まれる事となりました。(詳細は豊平手打ちそば保存会の情報に掲載)

6月9日(水)
 
 「豊平流そば打ち段位認定大会四段位本審査会」が豊平どんぐり村そば道場で行われました。
  1週間前に事前審査を受けた10名が受験をし4名が合格しました。
  (認定会の模様は豊平手打ちそば保存会の情報に掲載))

6月1日(火)〜3日(木)
  
「豊平流そば打ち段位認定大会四段位事前審査会」が豊平どんぐり村そば道場で行われました。
  高橋邦弘審査委員長が1日に3名〜4名を1名ずつを3日間厳しく審査をされ、次週の9日に行われる本審
   査と総合評価をして合否が決められます。(審査の模様は豊平手打ちそば保存会の情報に掲載))

5月1日(土)
 
豊平手打ちそば保存会の副会長の佐川幸人さんが北広島町に【そばお味処いそべ】という名のそば店を
 開店されたので、友人とそばを食べに行きました。

4月3日(土)
 
本日豊平手打ちそば保存会の小堀勝昭会長が北広島町に豊平手打ちそば「こぼり」という名のそば店を
 開店されたので、お祝いがてらそばを食べに行きました。当日豊平手打そば保存会では豊平さんさん市で
 出店を行っていたので寄って帰りました。

2月28日(日)
 
「豊平流そば打ち段位認定大会」初段・二段が道の駅豊平どんぐり村そば道場で行われ、本日は初の審査
 員を務めました。(詳細は豊平手打ちそば保存会の情報に掲載)

2月27日(土)
 
「豊平流そば打ち段位認定大会」三段位が道の駅豊平どんぐり村そば道場で行われ、仲間の応援に行き
 ました。32名が受験し11名が合格しその内で仲間の3名が合格しました (詳細は豊平手打ちそば保存会
 の情報に掲載)

2月17日(水)
 
「達磨」雪花山房において午前中は豊平手打ちそば保存会会員の「達磨」そば打ち教室が有り、午後からは
 豊平流そば打ち段位認定制度の審査員研修会が行われ、高橋邦弘先生から4名が指導を受け参加をしまし
 た。(そば打ち教室は豊平手打ちそば保存会の情報に掲載)

2月4日(木)
 
「豊平手打ちそば保存会の平成22年度の通常総会」がどんぐり荘新館において開催され、引き続き懇親会
  が行われ参加しました。(豊平手打ちそば保存会情報に掲載)

2月3日(水) 
 広島市佐伯区五日市町にある福祉施設自然の村で恒例のそば打ち体験が行われ友人の山根さんと行きま
 した。そば打ち体験は今年で3年目となり皆さんは楽しみにしておられました。
 自然の村の皆さんが昨年苦労をして作られた玄そばを製粉して、選抜代表者が4組に分かれてそば打ち体
 験をして茹でて全員で美味しく食べ大変に喜んで頂きました。(スペシャルコーナーに掲載)